単位ベクトルの要素の2乗の差の公式






2017年09月10日(Sun)
単位ベクトルの要素の2乗の差の公式
単位ベクトルA(a,a)と単位ベクトルB(b,b)について、 以下の公式を証明せよ。

【問1】以下の公式を証明せよ。
− a =a−b


(証明開始)
− a
= a +(a−a) −a
=a(b+b) −(a+a)b
=a−b
=−a+b
(証明おわり)


【問2】以下の公式を証明せよ
− a =a−b

(証明開始)
− a
= a +(a−a) −a
=a(b+b) −(a+a)b
=a−b
=−a+b
 

(証明おわり) 

これらは、公式として覚えてください。
(これらの単位ベクトルの要素をsinとcosであらわして公式をあらわすこともできます。) 

 式の変形の過程で以上の形の式が出てきたら、すぐ、このように式を変形できるように式の変形のコツを覚えておいてください。

リンク:
高校数学の目次



   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年9月
         
10
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ
2009年 (56)
2月 (1)
3月 (14)
4月 (30)
5月 (11)
2010年 (31)
7月 (1)
8月 (17)
9月 (4)
10月 (7)
11月 (1)
12月 (1)
2011年 (105)
1月 (10)
2月 (11)
3月 (16)
4月 (31)
5月 (4)
7月 (12)
8月 (12)
9月 (5)
11月 (3)
12月 (1)
2012年 (28)
1月 (3)
2月 (8)
3月 (6)
4月 (8)
5月 (1)
7月 (2)
2013年 (149)
1月 (12)
2月 (36)
7月 (5)
8月 (7)
9月 (22)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (16)
2014年 (27)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (2)
2015年 (47)
1月 (1)
2月 (6)
3月 (8)
4月 (16)
5月 (11)
6月 (4)
12月 (1)
2016年 (55)
4月 (4)
8月 (4)
9月 (6)
10月 (6)
11月 (22)
12月 (13)
2017年 (85)
1月 (10)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (5)
5月 (10)
6月 (13)
7月 (15)
8月 (12)
9月 (13)

アクセスカウンタ
今日:1,908
昨日:3,509
累計:1,818,803