高校数学(図形と方程式)

算数の問題と解答とを考えていきます。




2016年10月09日(Sun)▲ページの先頭へ
第2講第1節 直線の方程式の持つ意味
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

第2講第1節 直線の方程式

直線の方程式の一般形は、
ax+by+c=0 (式1)
である、
と教わります。

この一般形により、
x=1
という直線もあらわすことができるからです。

以下で、直線の式を(式1)で表すことで得する他のメリットを考えます。

(直線の方程式の一般形の持つ意味)
この式1を少し変形した式:
ax+by=d (式2)
を考えます。
ここで、右辺にdの二乗を使ったのは、
この式2の全ての文字定数と変数(a,b,x,y,d)に長さの「次元」を持たせて、
式に、次元の色合いを付けるためです。

式に次元の色合いを付けると、式の中の各項の次元が全て同じになります。
その式を変形しても、その式の中の各項の次元が全て同じになります。次元が異なる項を持つ式は計算間違いです。
これにより、計算間違いを見つけやすいという得をします。

この式2の表す直線と原点の間の距離OHを、以下の図で計算します。
点C(a,b)を考えると、距離OHと、距離OCとの積はになります。
実は、この式2は、後に勉強する「ベクトル」の内積の式であって、
直線2上の点Z(x,y)について、 ベクトルOHとベクトルOZの内積がになるという式をあらわしています。

直線の式をこの式2の形で表すことは、「ベクトルの内積の式」を導き出す源泉になるという価値があります。

(補足)
 式1(及び式2)の係数a,bは、直線の垂直な線分OCの端点Cの座標という意味を持っていることがわかりました。点Cの座標は、計算の見通しを良くするために、点Cの記号に添え字を付けた記号であらわします。
C=(c,c )です。
それに従って、式2の直線の式も、以下の式3であらわすことが望ましい。
x+cy=d (式3)

一方、直線の式を、以下の式4であらわして、(x,y)の次元を長さの逆数と解釈することができます。
x+cy=1 (式4)
この直線の式4は、上の図のように、OCの長さcの逆数の長さがOHになる関係をあらわしています。

リンク:
高校数学の目次



2016年08月10日(Wed)▲ページの先頭へ
三角形の外心の高さ
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強


【問】三角形ABCの外心(外接円の中心)の座標Dを定める法則を探せ。

数学の新しい技術を学んだら、その技術の力を使って、何か新しい法則を見つけるよう心掛けましょう。

ここでは、外接円の中心座標Dを定める法則を探してみましょう。

(予備知識)
複雑な図形の問題は、より単純な図形の問題に置きかえて考えます。
(難しい形の問題は、全て、単純な形に置き換えて考えるのが数学のコツです。)

【解答】
先ず、頂点A,B,Cの座標を、点A(2m,2m)、点B(0,0)、点C(2c,0)と定義して、問題を解いてみる。
外接円の中心Dは、線分ABの垂直二等分線と線分BCの垂直二等分線(X=c)との交点を計算することで求める。

線分ABの垂直二等分線は線分ABの中点Mを通る直線である。

線分ABの垂直二等分線の式は、ベクトルMDとそれに垂直なベクトルMの内積が0であることをあらわす式である。

上の図のように、直線ABの垂直二等分線の式は、式1であらわされる。
(X−m)+m(Y−m)=0 (式1)

直線BCの垂直二等分線の式は、
X=c (式2)
であらわされる。
式1と式2を連立してY座標を計算する。
これで、D点のY座標を定める式の法則が得られた。
(解答おわり)

このYの値の式を、以下の様に分かり易く書き直します。
外心の高さYを与える式を変形すると、2番目の式のように、
余弦定理に類似した式が得られます。

リンク:
高校数学の目次



2016年04月16日(Sat)▲ページの先頭へ
円と直線の交点(1の2)の別解


【問1】座標原点を中心にする半径rの円(x+y=r)と直線ax+by=cとの交点の座標を求めよ。


(地道な計算練習を心がけよう)
 直観的に答えを求める解法を見つける感覚を磨くことも必要ですが、その他に、数学の力を薄っぺらな表面的なものにしないために、地道に方程式を解く計算練習を心がけましょう。
(1)方程式の難しい式を単純な形の式にして無理無く計算するコツを身につけましょう。

(方程式を計算するコツ)
 複雑な式の項を新たな記号の項に置き換えるときは、用いる新たな記号は、その記号の値の単位を最小単位にする方が良い。
例えば、記号aやbやrの単位である[長さ]は最小単位です。一方、記号cの単位は[面積]であって、[長さ]の2乗であり、最小単位ではありません。
 そのため、cは[長さ]の単位を持つαの2乗に置き換えることで、式の計算を見通し良くします。

 方程式では、足し合わされる項は必ず単位の同じ項のみが足し合わされます。足し合わされる項の単位が食い違っている式は誤りです。

 その単位の食い違い、すなわち式の間違いを発見し易くするために、できれば、式の全ての記号を、単位が[長さ]の記号に揃えることが望ましいのです。

(なお、単位が無い無次元量の記号もありますので、無次元量の記号には目印を付けて分かりやすくします) 




(先ず、方程式を書きます)

この第1項の係数を単純化する記号dを以下で定義します。
このようにdの2乗の式で定義する理由は:
の式のように、覚え易い整った式を導入するためです。
覚え易い式を導入することで、
この式を応用してaを直ぐにdに変換するアイデアを出やすくするためです。
 特に、式(6’)の右辺の式が現れたら直ぐに気付いて1に単純化できるようにするためです。

式(5)に式(6)を代入して式の形を簡単にします。
以下で、この式(7)の右辺を単純化します。
上の式の計算では、式(6’)を想起して使いました。
 上の式の中に式(6’)の形の項が現れた際に、それを速やかに発見して式を単純化できるためには、dを導入した際に生まれた式(6’)が覚え易い事が必要でした。

こうして得られた結果を式(7)に代入します。
この式(8)の記号dを元の記号に戻すため、記号dの式を整理します。
式(8)に、式(9)と式(3)と式(4)を代入します。
以下の計算でこのルートの中の式を何度も書く手間を省くため、√gを定義しました。
 √gの形でgを定義する理由は、この√gは仮の形であって、計算の最後には速やかに元の式に戻すために、目印として√を加えてgを定義します。
以上の計算で得たxとyの式を以下の様に整理します。
このように地道に計算して、交点AとBの座標が求められた。
(解答おわり)

リンク:
高校数学の目次


2016年04月13日(Wed)▲ページの先頭へ
円と直線(問1の別解)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】座標原点を中心にする半径1の円(x+y=1)と、直線3x+2y=kとが接する場合のkの値を求めよ。

(地道な計算練習を心がけよう)
 直観的に答えを求める解法を見つける感覚を磨くことも必要ですが、その他に、数学の力を薄っぺらな表面的なものにしないために、地道に方程式を解く計算練習を心がけましょう。
(1)方程式の難しい式を単純な形の式にして無理無く計算するコツを身につけましょう。
(2)式が急に易しくなる計算の大切な分岐点をしっかり覚えましょう。

(まず、方程式を書く)
上の計算では、計算の式をなるべく単純な形の式で記述するため、複雑な形の項をaとkに置き換えて表します。
この整った式で、xの解が重根になり1つの値のみが解になる場合が、直線が円に接する条件を満足します。それは、上の式で右辺が0になる場合です。

右辺が0になるためには、右辺の分子が0になるだけで良いので、その分子を求めるために、以下の様に、分母を共通化させた式に変形します。
右辺が0になるためには、右辺の分子が0になるだけで良いので、以下の式に単純化されます。
ここで、aとkの式(3)と式(4)を代入してkの値を計算します。
よって、もとめるkの値は、

k=±√13
の場合に、直線が円に接します。

これが直線が円に接する場合のkの値です。
(解答おわり)


リンク:
高校数学の目次


2011年04月13日(Wed)▲ページの先頭へ
第2講2節 直線の関係(交差する線の連立方程式の変換)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】2つの線の交点を与える連立方程式として、
(直線1) x+y=5 (式1)
(曲線2) xy=6  (式2)
がある。この2つの線の式の連立方程式の解は、2つの線の交点AとBの座標(x,y)を与える。
この式1と式2と同じ解を与える以下の形の連立方程式を作れ。
(直線1)   x+y=5       (式1)
(2直線3) (x−a)(x−b)=0 (式3)

(解答と解説)
この問題は、式1と式2の解を、別の方程式を使って求める問題です。

(計算方針)
(mx)(式1)+n(式2)を計算することで、(2直線3)の式を求める。

計算の見通しを良くするために、式にmを掛け算してm倍になる項を全て左辺に集めた式に整えて計算する。
(直線1)  x+y−5=0 (式1’)
(曲線2)  xy−6=0  (式2’)
(2直線3) x−(a+b)x+ab=0 (式3’)

(2直線3の式の計算)
(mx)(式1’)+n(式2’)を計算することで、直線3の式を求める。
(mx)(x+y−5)+n(xy−6)=0 (式4)
この式4を、式3’と等しくなるように、mとnの値を決める。
式4と式3’を比較し易いように、式4を変形する。
mx+(m+n)xy−5mx−6n=0 (式4’)
一方式3’は以下の式である。
−(a+b)x+ab=0 (式3’)
式4’が式3’と等しいためには、
       <式4’><式3’>
の項:      m=1     (式5)
xyの項:  (m+n)=0     (式6)
xの項:    −5m=−(a+b) (式7)
定数項:    −6n=ab    (式8)
これらの式5から式8までの式のうち式7と式8は、値が定められていない数aとbを定める式であるので、mとnの値を制限する式ではないので、無視して良い。
よって、以下の式でmとnを定める。
m=1     (式5)
(m+n)=0 (式6)
式5を式6に代入して、
n=−1
が得られる。
m=1と、n=−1とを式4’に代入する。
mx+(m+n)xy−5mx−6n=0 (式4’)
−5x+6=0
これが式3’の形の式である。
因数分解して
(X−2)(X−3)=0 (式3)
が得られる。

(注意)この式は、式1’と式2’を加えて得た式3であるので、式1と式2の線の交点AとBを通る。

以上の計算で得た以下の式の連立方程式は(式1)と(式2)の連立方程式を変形して求めたので、元の式1と式2の連立方程式と同じ解を与える。
(直線1)  x+y=5        (式1)
(2直線3) (X−2)(X−3)=0 (式3)
すなわち、上の式の直線1と(2直線3)との交点は、直線1と曲線2の交点A、Bと同じ点である。

リンク:
ミラーサイトのページ
高校数学の目次


2011年04月10日(Sun)▲ページの先頭へ
第3講4節 円と円の関係(2円の交点を通る直線と円)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】2つの円、
(円1) (x−3)+(y−2)=3 (式1)
(円2) (x−1)+(y−1)=4 (式2)
がある。この2つの円の2つの交点AとBを通る(直線3)と、座標原点(0,0)を通る(円4)との式を求めよ。

この問題の円の(式1)と(式2)の連立方程式の解が交点AとBの座標になる。
この連立方程式と同じ解の交点AとBの座標を与える別の連立方程式(一方は直線の式で、もう一方は円の式)を求める問題です。

(解答と解説)
この問題は、式1と式2の解を、別の方程式を使って求める問題です。
その解を与える以下の形の連立方程式を作る問題です。
(直線3) ax+by=c (式3)
(円4) x+y+dx+ey=f (式4)
ただし、式4は座標原点(x,y)=(0,0)を通るので、それを代入して、
0+0+0+0=f の式を満足しなければならない。
そのため、f=0である。よって、式4は以下の式になる。
(円4) x+y+dx+ey=0 (式5)
よって、求める連立方程式は、以下の形の式です。
(直線3) ax+by=c (式3)
(円4) x+y+dx+ey=0 (式5)

(計算方針)
m(式1)+n(式2)を計算することで、直線3の式を求め、同様にして円4の式を求める。

計算の見通しを良くするために、式にmを掛け算してm倍になる項を全て左辺に集めた式に整えて計算する。
(円1) (x−3)+(y−2)−3=0 (式1’)
−6x+9+y−4y+4−3=0
+y−6x−4y+10=0 (式6)

(円2) (x−1)+(y−1)−4=0 (式2’)
−2x+1+y−2y+1−4=0
+y−2x−2y−2=0 (式7)

(直線3の式の計算)
先ず、m(式6)+n(式7)を計算することで、直線3の式を求める。
m(x+y−6x−4y+10)
+n(x+y−2x−2y−2)=0 (式8)
この式8を、式3と等しくなるように、mとnの値を決める。
式8と式3を比較し易いように、式8を変形する。
(m+n)x+(m+n)y
+(−6m−2n)x+(−4m−2n)y+(10m−2n)
=0 (式9)
一方の直線の式3には、xの項やyの項が無いので、上の式もそれらの項の係数が0でなければならない。

(詳しくは、以下のように考える)
式9が式3と等しいためには、両式の各係数が等しくなければならない。
         <式9> <式3>
の係数: (m+n)  =0 (式10)
の係数: (m+n)  =0 (式10と同じ)
xの係数: (−6m−2n)=a
yの係数: (−4m−2n)=b
定数項の係数: (10m−2n)=−c

式10以外の式は未知数a,b,cを定める式であって、mとnを限定する式ではないので、mとnを限定するのは式10のみ。

よって、
m+n=0 (式10)
この式10の条件を満たすmとnのどの組合せでも良い。
とりあえず、m=1、n=−1に決める。
その場合は、式9は、以下の式になる。
(−6+2)x+(−4+2)y+(10+2)=0
−4x−2y+12=0
(−2)で式全体を割り算する。
2x+y−6=0 (式11)
この式11が求める式3の形(を変形した形)の具体的式である。

(注意)この式は、式6と式7を加えて得た式9であるので、式1と式2の円の2つの交点AとBを通る。

(円4の式の計算)
(m+n)x+(m+n)y
+(−6m−2n)x+(−4m−2n)y+(10m−2n)
=0 (式9)
以下の計算では、式9のmとnを、円4を求めるために定め、先に直線3を求めるときに定めた値とは別の値のmとnを定める。
円4の式5は以下の式である。
(円4) x+y+dx+ey=0 (式5)
式9が式5と等しいためには、両式の各係数が等しくなければならない。
の係数: (m+n)=1 (式12)
の係数: (m+n)=1 (式13)
xの係数: (−6m−2n)=d (式14)
yの係数: (−4m−2n)=e (式15)
定数項の係数: (10m−2n)=0 (式16)
式14と式15は未知数dとeを定める式なので、mとnを限定する式では無いので無視して良い。
それ以外の式は、式12(式13と同じ)と式16だけである。
(m+n)=1 (式12)
(10m−2n)=0 (式16)
この式12と式16を連立してmとnを定める。
2(式12)+(式16)を計算することでnを消去した式を作る。
2m+10m=2
m=2/12=1/6 (式17)

10(式12)−(式16)を計算することでmを消去した式を作る。
10n+2n=10
n=10/12=5/6 (式18)

式17と式18を式9に代入する。
(m+n)x+(m+n)y
+(−6m−2n)x+(−4m−2n)y+(10m−2n)
=0 (式9)
((1/6)+(5/6))x+((1/6)+(5/6))y
+(−(6/6)−(10/6))x+(−(4/6)−(10/6))y+((10/6)−(10/6))=0
+y−(16/6)x−(14/6)y=0
+y−(8/3)x−(7/3)y=0 (式19)
この式が、求める円4の式5である。

(注意)この式は、式6と式7を加えて得た式9であるので、式1と式2の円の2つの交点AとBを通る。

以上の計算で得た以下の式の連立方程式は(式1)と(式2)の連立方程式を変形して求めたので、元の式1と式2の連立方程式と同じ解を与える。
(直線3) 2x+y−6=0 (式11)
(円4) x+y−(8/3)x−(7/3)y=0 (式19)
すなわち、上の式の直線3と円4の2つの交点は、円1と円2の交点AとBである。

リンク:
ミラーサイトのページ
高校数学の目次


2011年04月09日(Sat)▲ページの先頭へ
第2講2節 直線の関係(交差する直線の連立方程式の変換)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】2つの直線の交点を与える連立方程式として、
(直線1) 3x−2y=3 (式1)
(直線2) x−4y=−4 (式2)
がある。この2つの直線の式の連立方程式の解は、直線の交点の座標K(x,y)を与える。
この式1と式2と同じ解を与える以下の形の連立方程式を作れ。
(直線3) x−y=a (式3)
(直線4) x+y=b (式4)

(解答と解説)
この問題は、式1と式2の解を、別の方程式を使って求める問題です。

(計算方針)
m(式1)+n(式2)を計算することで、直線3と直線4の式を求める。

計算の見通しを良くするために、式にmを掛け算してm倍になる項を全て左辺に集めた式に整えて計算する。
(直線1) 3x−2y−3=0 (式1’)
(直線2) x−4y+4=0 (式2’)
(直線3) x−y−a=0 (式3’)
(直線4) x+y−b=0 (式4’)
(直線3の式の計算)
先ず、m(式1’)+n(式2’)を計算することで、直線3の式を求める。
m(3x−2y−3)+n(x−4y+4)=0 (式5)
この式5を、式3’と等しくなるように、mとnの値を決める。
式5と式3’を比較し易いように、式5を変形する。
(3m+n)x+(−2m−4n)y+(−3m+4n)=0 (式5’)
一方式3’は以下の式である。
x−y−a=0 (式3’)
式5’が式3’と等しいためには、
3m+n=1    (式6)
−2m−4n=−1 (式7)
4(式6)+(式7)を計算してnを消去する。
12m−2m=4−1
10m=3
m=3/10 (式8)
2(式6)+3(式7)を計算してmを消去する。
2n−12n=2−3
−10n=−1
n=1/10 (式9)
式8と式9を式5’に代入する。
x−y+(−9+4)/10=0
x−y−5/10=0
x−y−1/2=0
この式が、求める直線3の式3’である。

(注意)この式は、式1’と式2’を加えて得た式5’であるので、式1と式2の直線の交点Kを通る。

(直線4の式の計算)
(3m+n)x+(−2m−4n)y+(−3m+4n)=0 (式5’)
以下の計算では、式5’のmとnを直線4を求めるために定め、先に直線3を求めるときに定めた値とは別の値のmとnを定める。
一方式4’は以下の式である。
x+y−b=0 (式4’)
式5’が式4’と等しいためには、
3m+n=1    (式10)
−2m−4n=1  (式11)
4(式10)+(式11)を計算してnを消去する。
12m−2m=4+1
10m=5
m=5/10=1/2 (式12)
2(式10)+3(式11)を計算してmを消去する。
2n−12n=2+3
−10n=5
n=−5/10=−1/2 (式13)
式12と式13を式5’に代入する。
x+y+(−3−4)/2=0
x+y−7/2=0
この式が、求める直線4の式4’である。

(注意)この式は、式1’と式2’を加えて得た式5’であるので、式1と式2の直線の交点Kを通る。

以上の計算で得た以下の式の連立方程式は(式1)と(式2)の連立方程式を変形して求めたので、元の式1と式2の連立方程式と同じ解を与える。
(直線3) x−y−1/2=0 (式3’)
(直線4) x+y−7/2=0 (式4’)
すなわち、上の式の直線3と直線4の交点は、直線1と直線2の交点Kと同じ点である。

リンク:
ミラーサイトのページ
高校数学の目次


第3講2節 円と直線(円と直線の交点(1の2))

佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】座標原点を中心にする半径rの円(x+y=r)と直線ax+by=cとの交点の座標を求めよ。

(予備知識)
受験問題のときは、円と直線の方程式の問題は、図形の方程式をベクトルの式であらわして、図形で考えます。方程式を解いて計算するのは、計算の見通しがあまり良くありません。それに対して、ベクトルを利用した図形の問題を考えることは、計算の見通しを良くするからです。

円の式は、
+y=r (式1)
直線の式は、
ax+by=c (式2)

(ベクトルで計算する)

上図のように、線分ABの中点をCとして、
点Aの座標は、ベクトルOCとベクトルCAの和で求める。
点Bの座標は、ベクトルOCとベクトルCB(=−ベクトルCA)の和で求める。

ベクトルOCは、単位ベクトルHに長さOC=sを掛け算して求める。
ベクトルCAは、ベクトルHに垂直な単位ベクトルJに長さCA=tを掛け算して求める。

先ず、上図のようにして、ベクトルOCを求める。

先ず、直線の(式2)ax+by=cを、式のxとyの係数を単位ベクトルHの値に整える。
式2’の左辺の、ベクトル(x,y)と単位ベクトルHの内積であらわした式は、ベクトル(x,y)の単位ベクトルHの方向への正射影OCの長さをあらわす。
よって、式2’から、
線分OCの長さsは、

である。
よって、ベクトルOCは、
である。

次に、上図のようにして、ベクトルCAを求める。
線分CAの長さtは、
こうして、sとtが求められ、
ベクトルOA=s(ベクトルH)+t(ベクトルJ)
ベクトルOB=s(ベクトルH)−t(ベクトルJ)
の形で求められ、点Aと点Bの座標が求められた。
この解は、以下の式で、更に具体的に書く。

(なお、複雑な式を新たな記号の式に置き換えるときは、用いる新たな記号は、その値の単位を最小単位にする方が良い。
例えば、記号aやbやrの単位である[長さ]は最小単位であり、一方、記号cの単位である[面積]は、[長さ]の2乗であり、最小単位ではない。
以下の式で、新たに使う記号は、R[長さ]を使うことが望ましい。)

リンク:
高校数学の目次


2011年04月05日(Tue)▲ページの先頭へ
第3講2節 円と直線(円と直線の交点(2))

佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】座標原点を中心とする円(x+y=5)と点A(3,1)を通る傾きmの直線m(x−3)−(y−1)=0との交点をBとCとすると、AB・ACの値を求めよ。

(予備知識)
受験問題のときは、円と直線の方程式の問題は、図形の方程式をベクトルの式であらわして、図形で考えます。方程式を解いて計算するのは、計算の見通しがあまり良くありません。それに対して、ベクトルを利用した図形の問題を考えることは、計算の見通しを良くするからです。

(問題をより易しい問題に変換してから解くこと)
AB・ACの計算をする前に、図形からわかる限り、問題をかみくだいて易しい問題に変換しておいてから問題を解きます。

図形の各長さを、とりあえず、r、s、t、u、eと記号化しておき、後でそれらの値を代入するつもりで、
先ずは、AB・ACをそれらの長さであらわして、問題を簡単にしておく。
すると、
AB・AC=(u−t)(u+t)=u−t
=(e−s)−(r−s
=e−r
問題がここまで易しくなります。
次に、この問題のパラメータeとrを代入します。
それらはすぐ分かって、
AB・AC=e−r=3+1−5=5

(注意)
もし、この問題を単純にしてから解こうとしなければ、r、s、t、u、eの値を1つ1つ具体的に解いて計算をするので、計算の手間がかかります。

リンク:
ミラーサイトのページ
高校数学の目次


2011年04月03日(Sun)▲ページの先頭へ
第3講4節 円と円の関係(2円の交差)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】2つの円
+y−2ax−2y+1=0 (式1)
+y−2x−2ay+1=0 (式2)
の2つの円が交差する条件をもとめよ。


(予備知識)
受験問題のときは、2円の交差の条件の問題は、2円の2つの交点を通る直線の式を求めた後で、それを図形(図形の位置関係はベクトルで数値化)で考えて、2円の交差の条件を考えます。方程式を解いて計算するのは、計算の見通しがあまり良くありません。それに対して、図形(ベクトル)を利用して考えることは、計算の見通しを良くするからです。

(式1)−(式2)を計算する。
−2ax−2y+1+2x+2ay−1=0
2(1−a)(x−y)=0 (式3)
この直線3と円が交差する条件が、2つの円が交差する条件である。

(図形をより明確に把握するため、円の式を変形する)
式1と式2を変形して、以下の式1’と式2’を得る。
(x−a)+(y−1)=a (式1’)
(x−1)+(y−a)=a (式2’)

(想像力を働かせること)
この図形の中心と半径の長さを元に、上のように図形を想像する。
更に、パラメータaが変化するとどうなるかの想像力を働かせて、下図のようなイメージを想像する。

このように、図形を想像して計算の見通しを良くしてから計算する。
上の図から、aが正のある値以上大きくなると、2円は交差する。逆に、aが負のある値以下になると、2円が交差することを想像する。

(計算の開始)
上の図で、円1と傾き1の直線3が交差する条件は、円1の中心と傾き1の直線との間の距離が円の半径|a|以下であることである。
座標原点を通る直線3と円1の中心の間の距離は、直線3に垂直な単位ベクトル(1,−1)/√2と、円1の中心の位置ベクトル(a,1)の内積を計算することで求められる。その値は(a−1)/√2になる。
(1/√2)|a−1|≦|a|
(1/2)(a−1)≦a
(a−1)≦2a
−2a+1≦2a
1≦a+2a
1+1≦(a+1)
2≦(a+1)
a+1≧√2 又は a+1≦−√2
a≧−1+√2 又は a≦−1−√2

リンク:
ミラーサイトのページ
高校数学の目次


第3講4節 円と円の関係(2円の交点を通る直線)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】2つの円
+y=1 (式1)
−ax+y−by=c (式2)
の2つの交点を通る直線mをもとめよ。


(予備知識)
受験問題のときは、2円の2つの交点を通る直線の問題は、直線の式を求めた後で、それをベクトルで解釈して、円の中心との距離を考えます。方程式を解いて計算するのは、計算の見通しがあまり良くありません。それに対して、ベクトルを利用した図形の問題を考えることは、計算の見通しを良くするからです。

(式1)−(式2)を計算する。
ax+by=1−c (式3)
この式が、2円の2つの交点を通る直線mの式です。
この直線mの式は2円が交わらないときも得られる式です。
この直線mが円と交わる場合に限り2円が交わります。
そのため、次には、この直線mが円と交わるかどうかを調べます。

(ベクトルを利用した計算技術を使う)
直線mの式3は、下の図のように考えます。

直線mの(式3)の左辺は、ベクトルAと位置ベクトル(x,y)との内積です。
上図のように、この直線mの式を、ベクトルA(a,b)に平行な単位ベクトル(a,b)/√(a+b)との内積の式に変形する。
単位ベクトルと位置ベクトル(x,y)の内積は、その直線の座標原点からの距離をあらわすという特別な意味を持つ。
直線mの原点からの距離=(1−c)/√(a+b
である。
この直線が式1の円と交わる条件は、
−1≦(1−c)/√(a+b)≦1
である。この条件を変形すると、
−√(a+b)≦(1−c)≦√(a+b
これが、直線mが円と交わる条件、すなわち、2円が交点を持つ条件である。

リンク:
ミラーサイトのページ
高校数学の目次


2011年04月02日(Sat)▲ページの先頭へ
第3講2節 円と直線(円と直線の交点)

佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強


【問1】座標原点を中心にする半径1の円(x+y=1)と直線ax+by=1との交点の座標を求めよ。

(予備知識)
受験問題のときは、円と直線の方程式の問題は、図形の方程式をベクトルの式であらわして、図形で考えます。方程式を解いて計算するのは、計算の見通しがあまり良くありません。それに対して、ベクトルを利用した図形の問題を考えることは、計算の見通しを良くするからです。

円の式は、x+y=1 (式1)
直線の式は、ax+by=1 (式2)
式1と式2を連立して交点B(x,y)とCの座標を求める。


(ベクトルを利用した計算技術を使う)
式2は、下の図のベクトルBとベクトルAの内積です。


上図のように、ベクトルA(a,b)に平行な単位ベクトルH(a,b)を考える。
単位ベクトルH

すなわち、
である。
式2をベクトルBと単位ベクトルHとの内積の式に書き直す。
単位ベクトルH(a,b)に垂直な単位ベクトル
を考える。ベクトルBをベクトルHとベクトルJの合成であらわす。

式1と式2を連立するのみでベクトルBの方向を定める場合は、ベクトルBの方向は、単位ベクトルJとベクトルBの内積が以下の式8のように負になる方向に向いている場合もありえる。
式6のx成分とy成分は以下の式になる。
x=s・a−t・b (式9)
y=s・b+t・a (式10)
よって、接点BとCの座標(x,y)は、以下の式であらわせます。

(点Bの座標)
式9と式10のaとbには、式3を代入してaとbであらわし、
sとtには、式5と式7を代入する。
(点Cの座標)
式9と式10のaとbには、式3を代入してaとbであらわし、
sとtには、式5と式8を代入する。

リンク:
高校数学の目次
(5)複素数平面での円と直線の交点


第3講2節 円と直線(円への接線(3))
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】座標原点を中心にする半径1の円(x+y=1)に対して、点A(a,b)から引いた2つの接線の円との接点BとCの座標をもとめよ。

上の図で線分DAの長さをmとする。

(予備知識)
受験問題のときは、円と直線の方程式の問題は、図形の方程式をベクトルの式であらわして、図形で考えます。方程式を解いて計算するのは、計算の見通しがあまり良くありません。それに対して、ベクトルを利用した図形の問題を考えることは、計算の見通しを良くするからです。

しかし、どうしても方程式を使って解くように求められた場合は、以下のようにして解きます。
ただし、以下の計算では、ベクトルを利用して計算を楽にする計算技術を使います。

円の式は、
+y=1 (式1)
接点Bの座標をB(c,d)とする。
接点Bを通る、円の接線の式は、
cx+dy=1 (式2)
この接線が点A(a,b)を通るため、以下の式がなりたつ。
c・a+d・b=1 (式3)
接点B(c,d)の座標を円の式(式1)に代入する。
+d=1 (式4)
式3と式4を連立して接点B(c,d)の座標を求める。

(ベクトルを利用した計算技術を使う)
式3は、下の図のベクトルBとベクトルAの内積です。

上図のように、ベクトルAに平行な単位ベクトルH(e,f)を考える。
単位ベクトルH=ベクトルA/√(a+b
すなわち、
(e,f)=(a,b)/√(a+b) (式5)
式3をベクトルBと単位ベクトルHとの内積の式に書き直す。
c・e+d・f=s (式6)
s=1/√(a+b) (式7)
単位ベクトルH(e,f)に垂直な単位ベクトルJ(−f,e)を考える。
すると単位ベクトルJとベクトルBの内積の式は以下の式になる。
−c・f+d・e=t (式8)
t=√(1−s) (式9)
式3と式4を連立するのみでベクトルBの方向を定める場合は、ベクトルBの方向は、単位ベクトルJとベクトルBの内積が以下の式10のように負になる方向に向いている場合もありえる。
t=−√(1−s) (式10)

ベクトルB(c,d)=s・ベクトルH+t・ベクトルJ
c=s・e−t・f (式11)
d=s・f+t・e (式12)

よって、接点BとCの座標(x,y)は、以下の式であらわせます。
(点Bの座標)
式11と式12のeとfには、式5を代入してaとbであらわし、
sとtには、式7と式9を代入する。
c=(1/(a+b)){a−b√(a+b−1)}
d=(1/(a+b)){b+a√(a+b−1)}
(点Cの座標)
式11と式12のeとfには、式5を代入してaとbであらわし、
sとtには、式7と式10を代入する。
c=(1/(a+b)){a+b√(a+b−1)}
d=(1/(a+b)){b−a√(a+b−1)}

リンク:
ミラーサイトのページ
高校数学の目次


第3講2節 円と直線(円への接線(2))
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】座標原点を中心にする半径1の円(x+y=1)に対して、点A(a,b)から引いた2つの接線の円との接点BとCの座標をもとめよ。

上の図で線分DAの長さをmとする。

(予備知識)
受験問題のときは、円と直線の方程式の問題は、図形の方程式をベクトルの式であらわして、図形で考えます。方程式を解いて計算するのは、計算の見通しがあまり良くありません。それに対して、ベクトルを利用した図形の問題を考えることは、計算の見通しを良くするからです。

しかし、どうしても方程式を使って解くように求められた場合は、以下のようにして解きます。

(解答)
円の式は、
+y=1 (式1)
(1)
接点Bの座標をB(c,d)とする。
接点Bを通る、円の接線の式は、
cx+dy=1 (式2)
この接線が点A(a,b)を通るため、以下の式がなりたつ。
c・a+d・b=1 (式3)
(2)
接点B(c,d)の座標を円の式(式1)に代入する。
+d=1 (式4)
(3)
式3と式4を連立して接点B(c,d)の座標を求める。
式3から、
d・b=1−c・a (式5)
式5を式4に代入して未知数dを消去する。その代入をしやすくするために、式4にbを掛け算する。
+b=b (式4’)
これに式5を代入する。
+(1−c・a)=b
未知数cに関して、上の式を整理する。
(b+a)c−2c・a+1=b
(b+a)c−2c・a=b−1
ここで、計算間違いを少なくするため、
+a=u
と置き換えて、計算を楽にする。
u・c−2c・a=b−1
−2c・a/u
  =(b−1)/u
{c−a/u}
  =(b−1)/u+{a/u}
{c−a/u}
  =(b−1)u/u+{a/u}
{c−a/u}
  ={(b−1)u+a}/u
{c−a/u}
={b+(ab)−b−a+a}/u
{c−a/u}={b+(ab)−b}/u
{c−a/u}=b(b+a−1)/u
c−a/u=±√{b(b+a−1)}/u
c=[a±b√(b+a−1)]/(b+a
(4)
この式を式5に代入して未知数dを計算する。
d・b=1−a[a±b√(b+a−1)]/(b+a
d・b=(b+a−a)/(b+a
   −[±ab√(b+a−1)]/(b+a
d・b=b/(b+a
   −[±ab√(b+a−1)]/(b+a
d=b/(b+a)−[±a√(b+a−1)]/(b+a
d=[b−±a√(b+a−1)]/(b+a
よって、接点BとCの座標(x,y)は、以下の式であらわせます。
接点Bは
x=(1/(a+b)){a−b√(a+b−1)}
y=(1/(a+b)){b+a√(a+b−1)}
接点Cは
x=(1/(a+b)){a+b√(a+b−1)}
y=(1/(a+b)){b−a√(a+b−1)}

リンク:
ミラーサイトのページ
高校数学の目次


第3講2節 円と直線(円への接線)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】座標原点を中心にする半径1の円(x+y=1)に対して、点A(a,b)から引いた2つの接線の円との接点BとCの座標をもとめよ。

上の図で線分DAの長さをmとする。

(予備知識)
受験問題のときは、円と直線の方程式の問題は、図形の方程式をベクトルの式であらわして、図形で考えます。方程式を解いて計算するのは、計算の見通しがあまり良くありません。それに対して、ベクトルを利用した図形の問題を考えることは、計算の見通しを良くするからです。

(接点を結び直線BCと直線DAの交点Eを考える)

△ABDは△BEDに相似だから、
△BEDの辺DEの長さ=BD・(DB/AD)=1/m
一方、
ベクトルDA(べクトルA)に平行な単位ベクトル
=ベクトルA/m
すなわち、この単位ベクトルをベクトルの成分であらわすと、
(a,b)/m
です。

ベクトルAに垂直な単位ベクトルfは、ベクトルの成分であらわすと以下の式であらわせる。
(b,−a)/m
です。

線分BEの長さは直角三角形BEDの斜辺BDと底辺DEから求められ、
BE=√(1-(1/m)2)
です。
よって、求める接点BとCは、以下のベクトルであらわせる。

ここで、m=a+b
です。

接点BとCの座標(x,y)は、以下の式であらわせます。
接点Bは
x=(1/(a+b)){a−b√(a+b−1)}
y=(1/(a+b)){b+a√(a+b−1)}
接点Cは
x=(1/(a+b)){a+b√(a+b−1)}
y=(1/(a+b)){b−a√(a+b−1)}

リンク:
ミラーサイトのページ
高校数学の目次


2011年03月31日(Thu)▲ページの先頭へ
第3講2節 円と直線(極と極線)

佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】座標原点を中心にする半径1の円(x+y=1)に対して、点A(a,a)から引いた2つの接線の円との接点BとCを結ぶ直線の方程式をもとめよ。
(点Aあるいはベクトルの座標値を記号であらわすときは、上図の様に、点の名前Aを引き継いだ記号に添え字を付けた座標記号を使ってください。そうした方が、記号の意味の見通しが良くなるからです)

線分DAの長さをaとする。

接点BとCを結ぶ直線を、点Aに対する円の極線と呼びます。
一方、線分BCと円の交点BとCから引いた円の接線の交点Aを、直線BCに対する円の極と呼びます。

(予備知識)
円と直線の方程式の問題は、図形の方程式をベクトルの式であらわして、図形で考えます。方程式を解いて計算するのは、計算の見通しがあまり良くありません。それに対して、ベクトルを利用した図形の問題を考えることは、計算の見通しを良くするからです。

(接点を結び直線BCと直線DAの交点Eを考える)

△ABDは△BEDに相似だから、
△BEDの辺DEの長さ=BD・(DB/AD)=1/a
一方、
ベクトルDAに平行な単位ベクトル
=ベクトルDA/a

単位ベクトル(=ベクトルDA/a)に垂直で原点からの距離が(1/a)の直線の式は、以下のベクトルの内積の式であらわせる。
よって求める直線(極線)の式は、
X+aY=1 (式1)

極A(a,a)が円上にある場合、式1で与えられる極線は、点Aで円に接する接線の式になる。

なお、極A(a,a)が円の中に入ってしまうと、点Aから円に接線が引けないハズなので、極線が無いと思うかもしれませんが、式1は、点A(a,a)が円の中であっても定義できる。
高校では教えないが、円の中の点も円と複素数の接点で接する。そのため、例えAが円の中でも、式1であらわされる極線が存在する。極線というのは、そういう広い概念の中で定義される大事な概念の直線です。

リンク:
ベクトル方程式による極と極線
点Pを極とする円の極線の作図サイト
高校数学の目次
複素数平面での円の極と極線



2011年03月27日(Sun)▲ページの先頭へ
第3講2節 円と直線
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】座標原点を中心にする半径1の円(x+y=1)と、直線3x+2y=kとが接する場合のkの値を求めよ。

(予備知識)
難しい形の図形は、その座標を単純な形の基本的な座標での図形に置きかえて考えます。
(難しい形の図形は、全て、単純な座標での図形に置き換えて考えるのが数学のコツです。)

(まず、問題を単純化する)
直線の式は以下の式で与えられました。
3x+2y=k (式1)
円の式は以下の式です。
+y=1 (式2)
ここで、この直線の式(式1)は、もっと基本的な形をした単純な意味を持つ式に書きかえられます。

式1のxとyの係数はベクトル(3,2)を成します。
このベクトルを、長さが1の単位ベクトルに変換します。
その変換は、ベクトル(3,2)を√(3+2)で割り算すれば、単位ベクトルに変わります。
検算してみると、(3/√(3+2))の二乗+(2/√(3+2))の二乗=1になるので、このベクトルが単位ベクトルであることがわかります。

直線をあらわす(式1)を√(3+2)で割り算すれば、xとyの係数が単位ベクトルであらわされた直線の式になります。
その直線の式において、(単位ベクトル)と(ベクトル(x,y))との内積は、その直線の座標原点からの距離をあらわします。
(その理由は単位ベクトルと直線上の点(x,y)の位置ベクトルの内積は、直線上の点のその単位ベクトル(直線に垂直)への正射影の長さになるからです。また、直線に垂直な単位ベクトルへの、座標原点と点(x,y)を結ぶベクトルの正射影の長さは、直線と座標原点との距離だからです。)

すなわち、単位ベクトルと直線上の点(x,y)の位置ベクトルの内積をあらわす左辺の式に等しい右辺の式の、
k/√(3+2
が、直線の座標原点からの距離です。
この距離が式2の円の半径1になれば、この直線が円に接します。
よって、もとめるkの値は、
k/√(3+2)=±1
の場合に、直線が円に接します。
上の式を変形すると、
k=±√13
これが直線が円に接する場合のkの値です。

リンク:
ミラーサイトのページ
高校数学の目次


第3講1節 円の方程式
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

以下で、点D(d,d)を中心とする半径Rの円の方程式を説明します。
(点Dの座標値を記号であらわすときは、上図のdの様に添え字を付けて座標記号をあらわし、点の名前Dを引き継いだ記号dであらわしてください。そうした方が、記号の意味の見通しが良くなるからです)

(予備知識)
難しい形の図形は、その座標を単純な形の基本的な座標での図形に置きかえて考えます。
(難しい形の図形は、全て、単純な座標での図形に置き換えて考えるのが数学のコツです。)


(まず、問題を単純化する)
上の座標軸(x,y)を、平行移動して、円の中心Dを座標軸の原点とする座標(X,Y)で考える。

ここで、単純化した問題の解答を得た後で、解答を元の問題の解答へ翻訳できるように、元の問題との対応関係を与える式を、以下のように書いて記録しておく。

(単純化した図形で問題を考える)
この座標系X,Yでは、上図のように、円の中心点Dが原点にあります。
この座標X,Yで考えると、上の図のように半径Rの円の方程式は、
+Y=R (式3)
であらわせます。

(参考のため、別の視点で円の方程式を導いてみる)

上図のように、円の直径BCの両端と円の上の点A(X,Y)を結ぶ2つの、ベクトルABとベクトルACは直交します。
そのため、その2つのベクトルが直交するとしたベクトルの内積の式を展開します。
その展開の結果、やはり、式3と同じ円の方程式が得られました。
(以上で、単純化した図形で円の方程式が得られた)


(単純化した問題の解答を元の座標系x,yでの解答へ翻訳する)
式3のXとYを、式1と2を使って、x、yに置き換える。
これが、点D(d,d)を中心にする半径Rの円の方程式である。


リンク:
高校数学の目次



第2講2節 直線の関係(三角形の外心の座標)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強
【問1】三角形ABCの外心(外接円の中心)の座標Dをもとめよ。ただし、頂点A,B,Cの座標は、点A(4,7)、点B(2,1)、点C(8,3)とする。

外接円の中心Dは、線分ABの垂直二等分線mと線分BCの垂直二等分線nとの交点を計算することで求める。

(予備知識)
複雑な図形の問題は、より単純な図形の問題に置きかえて考えます。
(難しい形の問題は、全て、単純な形に置き換えて考えるのが数学のコツです。)

(まず、問題を単純化する)
上の図形の座標軸(x,y)を、平行移動して、点Bを座標原点とする座標(X,Y)で考える。

 ここで、単純化した問題の解答を得た後で、解答を元の問題の解答へ翻訳できるように、元の問題との対応関係を与える式を、以下のように書いて記録しておく。
X=x−2 (式1)
Y=y−1 (式2)

この座標系X,Yでは、上図のように、点Bが座標の原点にあります。

線分ABの垂直二等分線mは線分ABの中点Mを通る直線であり、
線分BCの垂直二等分線nは線分BCの中点Nを通る直線である。

線分ABの垂直二等分線mの式は、ベクトルMDとそれに垂直なベクトルMの内積が0であることをあらわす式である。

上の図のように、直線ABの垂直二等分線の式は、式3であらわされる。
(X−1)+3(Y−3)=0 (式3)

同様にして、直線BCの垂直二等分線nの式は、式4であらわされる。
3(X−3)+(Y−1)=0 (式4)
式3と式4を連立して解けば、垂直二等分線mとnの交点の座標Dが求められる。
式3を展開して式5を得る。
X+3Y=10 (式5)
式4を展開して式6を得る。
3X+Y=10 (式6)
Yを消去するために、(式5)−(式6)・3を計算する。
X+3Y=10 (式5)
−9X−3Y=−30 (式6’)
−8X=−20
X=5/2 (式7)
式7を式6に代入する。
3・(5/2)+Y=10
Y=5/2 (式8)
式7と式8でD点の座標(5/2,5/2)が得られた。

こうして得た解答を元の複雑な問題の解答に翻訳する。
(計算方針)式7と式8それぞれに、式1と式2を代入して座標X,Yを元の座標x,yに戻す。
式7に式1を代入する。
x−2=5/2
x=9/2 (式9)
式8に式2を代入する。
y−1=5/2
y=7/2 (式10)
これで、点Dの座標系x,yでの座標値(9/2,7/2)が得られた。
(解答おわり)

リンク:
ミラーサイトのページ
高校数学の目次


2011年03月26日(Sat)▲ページの先頭へ
第2講2節 直線の関係(垂直二等分線の方程式)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

以下で、点A(a,a)と点B(b,b)を結ぶ線分ABの垂直二等分線の方程式を導く方法を説明します。
(点あるいはベクトルの座標値を記号であらわすときは、上図の様に添え字を付けて座標記号をあらわし、点の名前AとBを引き継いだ記号であらわしてください。そうした方が、記号の意味の見通しが良くなるからです) 
 
(予備知識)
複雑な直線の方程式は、単純な形の基本的な直線の方程式に置きかえて考えます。
(難しい形の式は、全て、単純な形の式に置き換えて考えるのが数学のコツです。)

(まず、問題を単純化する)
上の概念図の座標軸(x,y)を、平行移動して、線分ABの中点(その点を垂直二等分線が通る)を座標原点とする座標(X,Y)で考える。

ここで、単純化した問題の解答を得た後で、解答を元の問題の解答へ翻訳できるように、元の問題との対応関係を与える式を、以下のように書いて記録しておく。
この座標系X,Yでは、上図のように、点Aと点Bが原点に対して対称な位置にあります。点AのX座標=Aとし、Y座標=Aと書き直して単純化する。

ここで、単純化した問題の解答を得た後で、解答を元の問題の解答へ翻訳できるように、元の問題との対応関係を与える式を、以下のように書いて記録しておく。
です。

(単純化した問題を解く)
上の図を見ると、点Aと原点を通る直線の式は、
であらわせることがわかる。そして、
この直線に垂直で原点を通る直線の式は、
 (以上で、単純化した問題の解答が得られた)

(単純化した問題の解答を元の問題の解答へ翻訳する)
式5のAとAを、式3と4を使って、a、a、b、bに置き換える。
上の式のXとYを、式1と2を使って、x、yに置き換える。
(解答おわり)

リンク:
高校数学の目次




第2講2節 直線の関係(垂直な直線の方程式)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強


以下で、ある直線に垂直な直線の方程式を導く方法を説明します。
(予備知識)
複雑な直線の方程式は、単純な形の基本的な直線の方程式に置きかえて考えます。
(難しい形の式は、全て、単純な形の式に置き換えて考えるのが数学のコツです。)


(説明開始)
基本的な直線の式は、以下の式です。
ax+by=0
これは、座標原点(0,0)を通る直線です。


この直線に垂直な直線の式は、
−bx+ay=0
です。
xとyにかかる係数を入れ替えて、1つ目の係数の符号を正負逆にした式です。
この式の関係を、以下の図に示します。
これが、垂直な直線の導き方の基本的考え方です。

ここで、点Aの座標の記号は、下図のように、点Aの記号を引き継いだ記号に添え字を付けてあらわしてください。そうした方が計算の見通しが良くなるからです。

(基本的考え方の応用)
もっと複雑な問題の場合への応用方法は、以下のようにします。


(例1)
直線 2x+y+4=0 に垂直な直線の式は、以下のように導きます。
上の直線の式は、以下の式に書き直すと基本的な直線の式になります。
2(x+2)+y=0
x+2=X と置き変えて見ると、上の式は、
2X+y=0
になり、基本的な直線の式であらわせます。
この直線の式に垂直な直線の式は、
−X+2y=0
−(x+2)+2y=0
−x+2y−2=0
とあらわせます。


(例2)
直線 2x+y+4=0 に垂直で、かつ、点A(3,5)を通る直線の式は、以下のように導きます。
直線 2x+y+4=0 を平行移動して、点A(x,y)=(3,5)を通る直線にする。
座標(x,y)を、平行移動して、点A(3,5)を座標原点A(X,Y)=(0,0)とする座標(X,Y)で考える。
点A(X,Y)=(0,0)
X=x−3
Y=y−5
直線 2x+y+4=0 を平行移動して、点A(3,5)を通る直線は、
2X+Y=0
です。
この直線に垂直な直線は、
−X+2Y=0
この座標(X,Y)を(x,y)に置き換える。
−(x−3)+2(y−5)=0
−x+2y+3−10=0
−x+2y−7=0
(解答おわり)


リンク:
高校数学の目次


2011年03月21日(Mon)▲ページの先頭へ
第4講 軌跡(9)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】点K(k,k)と点P(X,Y)との間に、次の関係があるものとする。
(aとbは0で無い定数)点K(k,k)が直線x+y−1=0上を動くとき、点P(X,Y)はどんな図形を描くか。

(解き方の方針)
先ず、直線の式にK(k,k)を代入した式を書いておく。
+k−1=0 (式3)

この問題は、以下の方針で計算する。
(方針1)先ず、式1と式2が同じ形の分母Bを持っていることに注目する。
(方針2)式1と式2の分子はkの定数倍とkの定数倍の和のみであるので、式1と式2を加え合わせて、分子をkの定数倍にした式(式4)と、分子をkの定数倍にした式(式5)を計算することができる。そのため、その式5と式6を計算する。
(方針3)(式4)の2乗と(式5)の二乗を加え合わせた式(式6)を作る。式6は、分子が元の分母B=(k+k)の定数倍になるので、(式6)=B/B=1/Bの定数倍になる。
(方針4)式3の左辺のkの項に式4を代入し、kの項に式5を代入し、定数項に式6の定数倍を代入した(式7)を計算する。その(式7)は、式3の右辺が0であるので0になる。そのため、(式7)では、kとkの分数式であらわされた項が一気に消える。

(解答)
先ず、(方針2)を実行する。
分子からkを消去してkを残すために、a(式1)+b(式2)を計算する。
分子からkを消去してkを残すために、b(式1)−a(式2)を計算する。
(方針3)により、(式4)の二乗と(式5)の二乗を加え合わせる。
この式の左辺=(a+b)(X+Y
よって、
式を(a+b)で割り算する(aとbは0では無い)。
以上で得た式を整理すると、以下の式になる。
(方針4)により、(式3)に(式4)と(式5)と(式6)を代入する。
この式8は、下図のように、中心が((a+b)/2,(b−a)/2)にあり、(0,0)を通り、半径が√((a+b)/2)の円である。

ここで、式1と式2から、X=0,Y=0になるためには、
a+kb=0 → k=−kb/a
b−ka=0 → k=ka/b
=−k
となるので、k=k=0
しかし、k=k=0は、式3であらわす直線上の点では無い。そのため、P(X,Y)は(0,0)にはならない。

式1と式2を見ると、点Kが直線の左右の無限遠方に遠ざかれば、P(X,Y)は(0,0)に近づくが、P(X,Y)は決して(0,0)には到達しない。

リンク:
高校数学の目次



2011年03月20日(Sun)▲ページの先頭へ
第4講 軌跡(8)
勉強しようNTTのBlogのミラーサイト
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】点P(X,Y)が媒介変数kと0で無い定数a,b,cとを用いて次の式であらわされるものとする。
X=(ka+cb)/(k+c) (式1)
Y=(kb−ca)/(k+c) (式2)
(kは媒介変数)
媒介変数kの値が変化するとき、点P(X,Y)はどんな図形を描くか。

(解き方の方針)
この問題は、軌跡(7)で解答したような、媒介変数kを用いた2つの直線の交点Pの座標XとYを求めた後に、
それらの式からXとYの関係式を考える問題です。
以下では、そのような場合に、より素早く問題を解く計算技術を示す。

式1と式2のような式のグループから媒介変数kを消去する場合の計算技術として、以下の方針で計算する。
(方針1)先ず、式1と式2が同じ形の分母Bを持っていることに注目する。
(方針2)次に、式1の分子と式2の分子を足し算して分子に媒介変数kが無い式(1/B)を求める。
(方針3)分母の要素のkとcの成すベクトルC(k,c)に関して、式1の分子は、そのベクトルとベクトルA(a,b)の内積であり、一方、式2の分子は、そのベクトルC(k,c)と、ベクトルA(a,b)に垂直なベクトル(b,−a)の内積であることに注目する。
そのような場合には、ベクトルCとベクトルAの成す角度をθとすると、式1の分子=ベクトルCとベクトルAの内積は|ベクトルC|・cosθに比例し、式2の分子=ベクトルCと、ベクトルAに垂直なベクトルとの内積は|ベクトルC|・sinθに比例する。
そのため、式1の二乗と式2の二乗を加え合わせるとsinの二乗とcosの二乗の和は1になるので式の分子は、|ベクトルC|=Bに比例する。
それは元の分母Bの定数倍になり、式全体=定数・B/B=定数/Bになる。
(方針4)その式(1/B)から、(方針2)で求めた(1/B)と等しい式を引き算することで、媒介変数kを含んだ分数式を一気に消去する。

(解答)
先ず、(方針2)を実行する。
分子からkを消去するために、b(式1)ーa(式2)を計算する。
bX−aY=c(b+a)/(k+c) (式3)
ここでa,b,cは0では無いので、式3の右辺の分数式は0では無い。

(方針3)により、(式1)の二乗と(式2)の二乗を加え合わせる。
+Y
={(ka)+(cb)+(kb)+(ca)}/(k+c
=(k+c)(a+b)/(k+c
+Y=(a+b)/(k+c) (式4)

(方針4)により、(式4)−(式3)/cを計算する(cは0では無いことに注意)ことで、kを含む分数式を一気に消去する。
+Y−{(bX−aY)/c}=0
(X−(b/2c))+(Y+(a/2c))
=(b/2c)+(a/2c) (式5)
この式は、下図のように、中心が((b/2c),−(a/2c))にあり、(0,0)を通り、半径が√(a+b)/(2c)の円である。

ここで、式1と式2から、X=0,Y=0になるためには、
ka+cb=0 → k=−cb/a
kb−ca=0 → k=ca/b
=−c
となってしまい、cが0で無いので、X=0,Y=0になるための条件が成り立たないことがわかる。そのため、P(X,Y)は(0,0)にはならない。

式1と式2を見ると、媒介変数kが負の無限大か正の無限大になれば、P(X,Y)は(0,0)に近づくが、P(X,Y)は決して(0,0)には到達しない。

高校数学の目次


2011年03月18日(Fri)▲ページの先頭へ
第4講 軌跡(7)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】kの値が変化するとき、2直線
kx+3y−2k=0 (直線1)
−3x+ky+2k+3=0 (直線2)
の交点P(X,Y)の軌跡を求めよ。

 この問題を解く方針としては、Xのみをパラメータkであらわす式と、Yのみをパラメータkであらわす式を求めて、それからXとYの関係式を考える方が確実な解き方と考える。
 大学の入学試験でも、そのようなやり方で問題を解く学生を合格させたいと考えるのではないかと思います。
 そのため、以下では、その方針で問題を解く。

(式の形を単純にする)
この直線の式では、kがあちこちにあって複雑な式になっている。
先ずは、その複雑な式を、kに関するもっと単純な形の式に書き変える。
そのために、先ず、直線の式をkに関して整理する。
k(x−2)+3y=0 (式1)
k(y+2)−3x+3=0 (式2)
ここで、kのかかる式(x−2)および(y+2)をzとvに置き換える。
x−2=z (式3)
y+2=v (式4)
この置き換えは、zはx座標を定数の値で平行移動した値であり、vはy座標を定数の値で平行移動した値である。zとvをxとyに置き換えて考えると計算が楽になる。そのため、式1と式2を、zとvだけであらわす。
k(x−2)+3(y+2)−6=0 (式1)’
kz+3v−6=0 (式5)
k(y+2)−3(x−2)−6+3=0 (式2)’
kv−3z−3=0 (式6)

次に、式5と式6から、zのみをパラメータkであらわす式と、vのみをパラメータkであらわす式を求める。

vを消去して、zのみをパラメータkであらわす式を求めるために、k(式5)−3(式6)を計算する。
(k+9)z−6k+9=0
zを消去して、vのみをパラメータkであらわす式を求めるために、3(式5)+k(式6)を計算する。
(k+9)v−18−3k=0
式7と式8でzとvがkであらわせた。
このような式のグループからkを消去する場合の計算技術としては、
(S1)先ず、式7と式8が同じ形の分母Bを持っていることに注目する。
(S2:重要な方針)分母がkの二乗と定数から成る。この分母Bを持つ式で、(分子がKである式)の2乗と、(分子が定数3である式)の2乗を足し合わせる(方針S3)と分子が最初の分母Bと同じになる。その式は、B/B=1/Bになる。その式を、別に計算して得た、分子が定数の式と加え合わせる(方針S4)ことで、kの分数式を分母と分子ともども一気に消去する。

(計算の準備)
その計算をできるようにする準備として、kを分子にする式と、定数を分子にする式とを求める。
(S2−1)
定数を分子にする式を求めるために、(式7)−2(式8)を計算する。

(S2−2)
k(の定数倍)を分子にする式を求めるために、2(式7)+(式8)を計算する。

以上で、準備ができたので、
(S2:重要な方針)で目標にした(方針S3)と(方針S4)を以下のように実行する。
(方針S3)
式9の分子の二乗と式10の分子の二乗を加え合わせて、その分子を元の式の分母の定数倍にした式を作る。
すなわち、(式9)+(式10)を計算する。

(方針S4)
次に、式11の右辺の分数式を一気に消去するために、(式11)+5(式9)を計算する。
{(z−2v)+(2z+v)}+5(z−2v)=0
{z+4v+4z+v}+5(z−2v)=0
5{z+v}+5(z−2v)=0
{z+v}+(z−2v)=0
(z+(1/2))+(v−1)=(5/4) (式12)
これで計算の目標が達成できた。

(残りの計算)
次に、zとvをxとyに戻す残りの計算を行なう。
式12に式3と式4を代入する。
(x−2+(1/2))+(y+2−1)=(5/4) (x−(3/2))+(y+1)=(5/4) (式13)
これは、P(x,y)の軌跡が円になることをあらわしている。
この円は、点(3/2,−1)を中心にした、半径(√5)/2の円である。
ここで、この円は、下の図のようになる。

zとvをあらわした式7と式8を見ると、
パラメータkの値が負の無限大、あるいは正の無限大に大きくなると、
点P(x,y)は、(z,v)=(0,0)となる点、すなわち、点(x,y)=(2,−2)に近づく。
しかし、点Pは、決して(2,−2)に達することは無い。

【一部の別解】
以上の解き方で、気の短い人は、式6以降の、式12を求めるまでの計算がわずらわしい、道草を食っている、と思った方もいるかもしれません。そのため、以下で、その部分の別解を書きます。

(式7と式8は計算しましょう)
式6の後、すぐ式12を計算できますが、それでは、zとvの値がkとともにどう変化するかの傾向を見ることができなくなります。そのため、式7と式8は計算しておきましょう。この計算は、上に書いた計算と同じですので、記載を省略します。

(式5と式6から式12を導く)
式5から、以下の式が得られます。
(1)z≠0のとき
k=(6−3v)/z
この式を式6に代入する。
((6−3v)/z)v−3z−3=0
(6−3v)v−3(z+1)z=0
(v−2)v+(z+1)z=0
−2v+z+z=0
(v−1)+(z+(1/2))=1+(1/4)
(v−1)+(z+(1/2))=5/4 (式12)
(2)z=0の場合、
式5に、z=0を代入して、
6−3v=0
v=2 (式14)
式6に、z=0とv=2を代入して、
k・2−3=0
k=(3/2)
式12にz=0を代入して、
(v−1)+(1/2)=5/4
(v−1)=1
この式の解でv=0、2がありますが、vは(式14)で得られた2のみが有効で、v=0という解はありません。
そのため、軌跡は、式12であらわされる円のうち、点(z,v)=(0,0)は通りません。

式12以降の計算は、上に書いた計算と同じですので、記載を省略します。

リンク:
高校数学の目次
ミラーサイト:勉強しよう数学



2011年03月13日(Sun)▲ページの先頭へ
第4講 軌跡(6)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】点P(a,b)と点Q(X,Y)の間に、次の関係があるものとする。
X=ka/(a+b) (式1)
Y=kb/(a+b) (式2)
(kは0でない定数)
点P(a,b)が直線12x−5y+1=0上を動くとき、点Q(X,Y)はどんな図形を描くか。

ここで、直線の式に点P(a,b)の座標を代入した式3を書いておく。
12a−5b+1=0 (式3)

(解き方の方針)
 この問題は、式3の直線上の点Pと原点を結ぶ半直線上の点Qに関して、OP・OQ=kとなる場合のQ(X,Y)の軌跡を、Xのみをパラメータa又はbであらわす式と、Yのみをパラメータa又はbであらわす式とを求めた後に、
それらの式からXとYの関係式を考える問題です。
 以下では、そのような場合に、素早く問題を解く計算技術を示す。

(解答)
式1と式2のような式のグループからパラメータa又はbを消去する場合の計算技術としては、
(1)先ず、式1と式2が同じ形の分母を持っていることに注目する。
(2)次に、式1の分子と式2の分子を足し算して式1及び2の分母ができるか、あるいは分子からパラメータa又はbを消せないかを考える。
(3)単なる足し算で式1及び式2の分母ができない場合は、次に、式1の分子の二乗と式2の分子の二乗を足し算して式1及び2の分母ができるかを考える。
 この問題の場合、式1の分子の二乗と式2の分子の二乗を足し算して式1及び2の分母ができることがわかるので、式1の二乗と式2の二乗を足し算する。
+Y=k{a+b}/(a+b
+Y=k/(a+b) (式4)
この式4により、分子にはパラメータaもbも含まれず定数のみであらわせた式が得られた。

この式4と、式1と式2を使って、分母が同じで、分子が式3であらわされる式を作る。
その式は、分子が式3を満足するので、値が0である。 12(X/k)−5(Y/k)+(X+Y)/k=0
12kX−5kY+(X+Y)=0 (式5)
(計算技術についての考察)
 ここまでの計算で、bは式3により、aであらわせる式であるが、分母が共通な式を利用して、分子だけで式3を満足する式を作った。この計算により、分母のbをaであらわす計算をせずに、分母を含めて、パラメータであらわされた項をまとめて消去することに成功した。このようにすることで、分母を計算する手間が省けた。

なお、ここで(0,0)を式5に代入すれば左辺が0になるので、点(0,0)は式5の円を通る。このことに注目して、おぼえておく。
次に、式5を変形する。
(X+6k)+(Y−(5k/2))=(6k)+(5k/2)
(X+6k)+(Y−(5k/2))=(13k/2)
この式は中心が(−6k,(5k/2))にあり、(0,0)を通り、半径が(13k/2)の円である。
この円と直線の関係をあらわす図を下の図のように書ける。

この図で、直線上の点P(a,b)が左右方向に無限遠方に遠ざかれば、Q(X,Y)は(0,0)に近づくが、Q(X,Y)は決して(0,0)には到達しない。
この図を書くことにより、そのことが明確にわかる。

高校数学の目次



第4講 軌跡(5)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】円x+y=1と定点A(3,−2)がある。この円周上の動点Qにおける接線上に点P(X,Y)をとり、AP=2PQにするとき、点Pの軌跡の方程式を求めよ。

(目標の設定)
 この問題を解く方針の検討において、定石に従って、先ずは、P点のX座標のみを何かのパラメータであらわす第1の式と、Y座標のみを何かのパラメータであらわす第2の式を求めたかった。定石では、その次に、XとYの間に成り立つ関係式を求める。
 しかし、X座標又はY座標を何らかのパラメータを使ってあらわす式は、簡単には導けそうにない。そのX座標あるいはY座標をあらわす式を求めるためには、2次方程式を解かなければいけないように見える。
 そうするには、その式を求めるだけでも、ずいぶん手間がかかりそうだ。
 そのため、仕方ないので、定石である上記の方針を変更して、先ずは、点PのX座標とY座標の間になりたつ関係式を導くことにする。そして、その関係式をあらわすグラフを描いて、図を見ることで、求められた方程式があらわすグラフのどの部分を、点Pが動くかを調べることにする。

(解答)
接点QからPまでの線分の長さQPは、三角形OQPが直角三角形であることからQP=√(OP−OQ)である。そのため、以下の式が成り立つ。
QP=OP−OQ
QP=X+Y−1 (式1)

2PQ=APであるので、
(2PQ)=AP
4{X+Y−1}=(X−3)+(Y+2)
3X+3Y−4=−6X+9+4Y+4
3X+6X+3Y−4Y=17
+2X+Y−(4/3)Y=17/3
(X+1)+(Y−(2/3))=(17/3)+1+(2/3)
(X+1)+(Y−(2/3))=(51/9)+(9/9)+(4/9)
(X+1)+(Y−(2/3))=(8/3) (式2)
ここで、この円は、下の図のようになる。

P点がこの円上の全範囲を移動するかどうか、Q点の位置が移動する場合にP点がどこに来るかを図を見ながら検討する。
この図の場合は、点Qが円x+y=1の全円周上を移動する場合に、AP=2PQの関係を満足する点Pも(式2)の全円周上を動くことが図からわかる。

高校数学の目次



2011年03月12日(Sat)▲ページの先頭へ
第4講 軌跡(4)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】直線y=mxと円(x−2)+y=3が2点PとQで交差する場合において、mの変化範囲が、交差点のP、Qが存在し、かつ、その2点が重ならない場合における、線分PQの中点Rの軌跡を求めよ。

 この問題を解く方針としては、Xのみをパラメータaであらわす式と、Yのみをパラメータaであらわす式を求めて、それからXとYの関係式を考える方が確実な解き方と考える。
 大学の入学試験でも、そのようなやり方で問題を解く学生を合格させたいと考えるのではないかと思います。
 そのため、以下では、その方針で問題を解きます。

計算する上で記号を間違えないために、P点の座標をP(a,b)とし、Q点の座標をQ(c,d)とあらわして計算する。
PQの中点R(X,Y)は以下の式であらわされる。
X=(a+c)/2 (式1)
Y=(b+d)/2 (式2)
交点PとQは以下の式で求められる。
y=mx (式3)
(x−2)+y=3 (式4)
式3を式4に代入してyを消去してxをmであらわす。
(x−2)+(mx)=3
(m+1)x−4x+1=0 (式5)
この式5は点Pのx座標aと点Qのx座標cに関しては以下の式であると考えられる。
(m+1)(x−a)(x−c)=0 (式6)
式5と式6が同一式であるので、以下の関係がなりたつ。
−4x=−(m+1)(a+c)x
この式を変形する。
(a+c)=4/(m+1) (式7)
この式7を式1に代入して以下の式を得る。
X=(a+c)/2=2/(m+1) (式8)
式3のx=aであるときy=b、x=cであるときy=dである関係を使って式2を変形する。
Y=(b+d)/2=m(a+b)/2
この式に式7を代入して以下の式を得る。
Y=m(a+c)/2=2m/(m+1) (式9)

式8と式9でXとYがmであらわせた。
このような式のグループからmを消去する場合の計算技術としては、
(1)先ず、式8と式9が同じ形の分母を持っていることに注目する。
(2)次に、式8の分子と式9の分子を足し算して式8及び9の分母ができるか、あるいは分子からパラメータmが消えないかを考える。
(式8の分子にはパラメータmが無いので、既に、この条件を満たす式8が得られている。この式8は後で用いる。)
(3)単純な足し算では、式8及び9の分母が出来ない場合は、、式8の分子の二乗と式9の分子の二乗を足し算して式8及び9の分母ができるかを考える。
 この式8の分子の二乗と式9の分子の二乗を足し算して式8及び9の分母ができることがわかります。
そのため、式8の二乗と式9の二乗を足し算します。
+Y={1+m}(2/(m+1))
+Y=2/(m+1) (式10)
式10と式8は、分母が同じで、その分子にはパラメータmが入っていないことに注目する。そのため、式10と式8に係数を掛け算して足し合わせることで、右辺の複雑な分数の式を消去できるので、以下でそうする。
−2・(式8)+(式10)を計算する。
−2X+X+Y=0
(x−1)+Y=1 (式11)
ここで、この円と直線は、下の図のようになる。

式5でmの範囲が負のある値から正のある値までの範囲内にあれば、直線y=mxと円とが交差する。その境界の値では両者が接して点PとQが重なってしまう。
そのため、異なるP点とQ点で直線と円とが交差するためには、直線が円に接する場合は除外しなければならない。

しかし、式8と式9では、直線y=mxが円に接しない場合でも存在しないP点とQ点の中点のRの座標が計算されてしまっている。
(これは、存在しない交点のP点とQ点の座標が複素数で与えられ、その中点のRが実在の点として存在していることをあらわしているが、そういう概念は高校数学の範囲を大きく超えるので、この問題を解くには、それは考えないことにする。)

P点とQ点が重なる場合、すなわち、直線y=mxと円とが接する場合のmの値を式5から計算する。
(以下の計算は「判別式」を急きょ導出する計算です:判別式を思い出しても、その記憶の確かさを確認するのが面倒と思っている人専用の解き方です)
そのmの値は、式5が重根を持つ、以下の式12に等しくなる場合のmの値である。
(m+1)(x−a)=0 (式12)
この式12を式5と比べる。
2(m+1)a=4 (式13)
(m+1)a=1 (式14)
(式13)を式14に代入してaを消去する。
(m+1)(2/(m+1))=1
4=(m+1)
3=m
m=±√3 (式15)
この式15を式8に代入する。
X=2/((±√3)+1)=2/4=1/2
式15を式9に代入する。
Y=2(±√3)/((±√3)+1)=(±√3)/2
よって、R(X,Y)の描く軌跡は、mが−√3近くから+√3近くまで変わるときに、
(1/2)<X≦2
の範囲の上図の円(式11)の範囲を、
(1/2,−√3)の近くから(2,0)を経由して(1/2,√3)の近くまで移動する。
このことは上の図を書くことにより、明確にわかる。

高校数学の目次



第4講 軌跡(3)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】原点をOとする。直線x+y=5上をP点が動くとき、半直線OP上に、OP・OQ=20となる点Qを置く。そのQ点の軌跡を求めよ。

計算する上で記号を間違えないために、P点の座標をP(a,b)とあらわして計算する。
a+b=5 (式1)
X=t・a (式2)
Y=t・b (式3)
√{a+b}・t√{a+b}=20
∴ t{a+b}=20 (式4)

 この問題を解く方針としては、Xのみをパラメータaであらわす式と、Yのみをパラメータaであらわす式を求めて、それからXとYの関係式を考える方が確実な解き方と考える。
 大学の入学試験でも、そのようなやり方で問題を解く学生を合格させたいと考えるのではないかと思います。
 そのため、以下では、その方針で問題を解きます。

式1から、
b=5−a (式5)
式5を式4に代入して整理する。
t=20/{a+(5−a)} (式6)
式6を式2に代入する。
X=20a/{a+(5−a)} (式7)
式6と式5を式3に代入する。
Y=20(5−a)/{a+(5−a)} (式8)

式7と式8でXとYがaであらわせた。
このような式のグループからaを消去する場合の計算技術としては、
(1)先ず、式7と式8が同じ形の分母を持っていることに注目する。
(2)次に、式7の分子と式8の分子を足し算して式7及び8の分母ができるか、あるいは分子からパラメータaを消せないかを考える。
 この式7の分子と式8の分子を足し算すれば、分子から変数aが消去できることがわかります。
そのため、式7と式8を足し算する。
X+Y=20・5/{a+(5−a)} (式9)

(3)次に、式7の分子の二乗と式8の分子の二乗を足し算して式7及び8の分母ができるかを考えます。
 この式7の分子の二乗と式8の分子の二乗を足し算して式7及び8の分母ができることがわかります。
そのため、式7の二乗と式8の二乗を足し算します。
+Y
={a+(5−a)}(20/{a+(5−a)})
=20/{a+(5−a)} (式10)
式9と式10の分母が同じで、しかも、その分子にはパラメータaが入っていないことに注目する。そういう場合には、式9と式10に係数を掛け算して足し合わせることで、右辺の複雑な分数の式を消去できるので、以下でそのようにする。
−(式9)・4+(式10)を計算する。
−4(X+Y)+X+Y=0
(x−2)+(Y−2)=8
ここで、この円と直線は、下の図のようになる。

式7と式8でaが負の無限大か正の無限大に大きくなれば、X=0,Y=0に近づくが、Q(X,Y)は決して(0,0)には到達しない。
この図を書くことにより、そのことが明確にわかる。

高校数学の目次



第4講 軌跡(2)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】mの値が変化するとき、2直線
mx−y+5m=0 (直線1)
x+my−5=0  (直線2)
の交点P(X,Y)の軌跡を求めよ。

交点P(X,Y)を与える式は、2直線を与える式をそのまま使うことができる。
mX−Y+5m=0 (式1)
X+mY−5=0  (式2)
ここで、この式を連立してmを消去すれば、XとYの式が得られるが、
その場合は、式からmが消えてしまうので、mの値の増減とともにP(X,Y)がどういうふうに移動して、どこまでがその移動範囲であるかどうかがわからなくなってしまうという欠点がある。
 そのため、この問題を解く方針としては、式1と式2から、Xのみをmで与える式と、Yのみをmで与える式を求めて、それからXとYの関係式を考える方が確実な解き方と考える。
 大学の入学試験でも、そのようなやり方で問題を解く学生を合格させたいと考えるのではないかと思います。
 そのため、以下では、その方針で問題を解きます。

(式1)・m+(式2)を計算してYを消去する。
{mX−mY+5m}+{X+mY−5}=0
(m+1)X+5(m−1)=0
X=−5(m−1)/(m+1) (式3)
(式1)−(式2)・mを計算してXを消去する。
{mX−Y+5m}−{mX+mY−5m}=0
−(1+m)Y+10m=0
Y=10m/(m+1) (式4)
式3と式4でXとYがmであらわせた。
このような式のグループからmを消去する場合の計算技術としては、
(1)先ず、式3と式4が同じ形の分母を持っていることに注目する。
(2)次に、式3の分子と式4の分子を足し算して式3及び4の分母にできないかを考える。
(3)単純な足し算では、式3及び4の分母が出来ない場合は、分子を二乗して足し算して式3及び4の分母ができないかを考える。
 この式3の分子の二乗と式4の分子二乗を足し算すれば、式3及び式4の分母の二乗が作れることがわかります。
そのため、式3の二乗と式4の二乗を足し算します。
+Y
={(m−1)+(2m)}・(5/(m+1))
={m+2m+1}・(5/(m+1))
={(m+1)}・(5/(m+1))
=5
∴ X+Y=5 (式5)
ここで、式5は円の式ですが、そのXは式3のようにmであらわせる。
式3は変形すると
X=−5+10/(m+1) (式6)
式6は、mが−∞<m<+∞の範囲内で変化するとき、Xが、以下の範囲内を変化することをあらわしている。
−5<X≦+5
すなわち、Xがー5になるには、1/(m+1)が0にならなければならないが、それは、mがどれだけ大きくても0にはならない。そのため、X=−5は式5があらわす円の一部であるが、その点は式6及び式3ではあらわされない。

式4を見ると、mが正であるか負であるかによってYも正や負になることをあらわしている。
この関係を以下のように図示する。

結局、mが0から負の無限大に向かうとき、P(X,Y)は、式5であらわされる円の(5,0)から負のYの値の円の下側の周を(−5,0)に向かって進む。
mが0から正の無限大に向かうとき、P(X,Y)は、式5であらわされる円の(5,0)から正のYの値の円の下側の周を(−5,0)に向かって進む。
しかし、P点は決して、(−5,0)には到着しない。

高校数学の目次



2011年03月10日(Thu)▲ページの先頭へ
第4講 軌跡(1)
佐藤の数学教科書「図形と方程式」編の勉強

【問1】下図のように点A(a,b)とB(c,d)と原点を中心とする半径rの円上を動く点P(e,f)とを頂点とする三角形の重心G(x,y)は、点Pがその円上を動くとき、どういう軌跡を動くか。その点G(x,y)の描く軌跡の方程式を導け。

先ず、動く点P(e,f)の円の方程式を書く
+f=r (式1)
次に、重心の座標の公式を使って、重心G(x,y)の座標を書く。
x=(a+c+e)/3 (式2)
y=(b+d+f)/3 (式3)
式1に式2と式3を代入してeとfを消去したい。
そのために、式2を以下の式に変形する。
3x=a+c+e
3x−a−c=e
e=3x−a−c (式4)
式2のx→y, a→b, c→d, e→f
と置きかえれば式3になるので、
式4の各数も、そのように置き換えれば、式3の変形結果になる。
よって
f=3y−b−d (式5)
この式4と式5を式1に代入してeとfを消去する。
(3x−a−c)+(3y−b−d)=r
両辺を3で割り算する。
(x−((a+c)/3))+(y−((b+d)/3))=(r/3)
この点G(x,y)は、中心点((a+c)/3,(b+d)/3)を中心とする、半径(r/3)の円周上にある。

【問2】次に、点Gがその円周上を完全に一周するかを調べよ。

完全に一周するかどうかを調べるには、偏角をあらわすパラメータθで点Pの位置をあらわす。
式1を満足する点Pの座標P(e,f)は、以下の式であらわされる。
e=r・cosθ (式6)
f=r・sinθ (式7)
θが0から2πラジアンまで変わるとP点は円周を一周する。
式6と式7を式2と式3に代入する。
x=(a+c+r・cosθ)/3 (式8)
y=(b+d+r・sinθ)/3 (式9)
式8と式9を変形する。
x=((a+c)/3)+(r/3)・cosθ (式10)
y=((b+d)/3)+(r/3)・sinθ (式11)
式10と式11から、
点G(x,y)は、
中心点((a+c)/3,(b+d)/3)を中心とする、
半径(r/3)の円周上の偏角θの位置にあり、
θが0から2πまで変化すれば、半径(r/3)の円周上を一回転する。

結局、点G(x,y)が円周上を一周するかどうかまで確かめなければならないので、問2を避けては通れない。
そのため、問1を解くのを省略して、問2を解いて、
点G(x,y)は、
中心点((a+c)/3,(b+d)/3)を中心とする、
半径(r/3)の円周上の偏角θの位置にある
という結論を得る方が効率的に全ての答えが得られる。
その円の方程式は、
(x−((a+c)/3))+(y−((b+d)/3))=(r/3)
とあらわせる。

高校数学の目次



1 2    全33件




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年5月
 
28 29 30 31      

アーカイブ
2009年 (56)
2月 (1)
3月 (14)
4月 (30)
5月 (11)
2010年 (31)
7月 (1)
8月 (17)
9月 (4)
10月 (7)
11月 (1)
12月 (1)
2011年 (105)
1月 (10)
2月 (11)
3月 (16)
4月 (31)
5月 (4)
7月 (12)
8月 (12)
9月 (5)
11月 (3)
12月 (1)
2012年 (28)
1月 (3)
2月 (8)
3月 (6)
4月 (8)
5月 (1)
7月 (2)
2013年 (149)
1月 (12)
2月 (36)
7月 (5)
8月 (7)
9月 (22)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (16)
2014年 (27)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (2)
2015年 (47)
1月 (1)
2月 (6)
3月 (8)
4月 (16)
5月 (11)
6月 (4)
12月 (1)
2016年 (55)
4月 (4)
8月 (4)
9月 (6)
10月 (6)
11月 (22)
12月 (13)
2017年 (30)
1月 (10)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (5)
5月 (8)

アクセスカウンタ
今日:2,012
昨日:2,597
累計:1,511,654