微分:等加速度運動の発見






2017年07月15日(Sat)
微分:等加速度運動の発見
「微分・積分」の勉強

(2)微分:
 以下の現象があります。

 水平方向に打ち出された玉が時間とともに放物線を描いて落下していく(高さhが下がっていく)という現象があります。
 この問題は、以下の様に解釈できます。

玉の高さhの時間変化は、玉の落下速度vをあらわします。
 
そして、玉の落下速度の時間変化は、加速度をあらわします。
放物線運動を微分していくと、その運動の原因が等加速度運動にあることがわかります。

リンク: 
高校数学の目次



   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年7月
           
15
         

アーカイブ
2009年 (56)
2月 (1)
3月 (14)
4月 (30)
5月 (11)
2010年 (31)
7月 (1)
8月 (17)
9月 (4)
10月 (7)
11月 (1)
12月 (1)
2011年 (105)
1月 (10)
2月 (11)
3月 (16)
4月 (31)
5月 (4)
7月 (12)
8月 (12)
9月 (5)
11月 (3)
12月 (1)
2012年 (28)
1月 (3)
2月 (8)
3月 (6)
4月 (8)
5月 (1)
7月 (2)
2013年 (149)
1月 (12)
2月 (36)
7月 (5)
8月 (7)
9月 (22)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (16)
2014年 (27)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (2)
2015年 (47)
1月 (1)
2月 (6)
3月 (8)
4月 (16)
5月 (11)
6月 (4)
12月 (1)
2016年 (55)
4月 (4)
8月 (4)
9月 (6)
10月 (6)
11月 (22)
12月 (13)
2017年 (85)
1月 (10)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (5)
5月 (10)
6月 (13)
7月 (15)
8月 (12)
9月 (13)

アクセスカウンタ
今日:404
昨日:2,307
累計:1,825,521